暴君ハバネロ VS デスレイン





君ハバネロの発売で、各地で辛いモノ好きが騒ぎ始めました。
世界一辛いトウガラシといわれる「ハバネロ」を使用してるのがウリなわけですが、既に我々はそのハバネロを使用した、世界一辛い(とヴィレッジヴァンガードの店員は言っていた)ポテチを知っているのです。
その名は「デスレイン ハバネロ」 DEATH RAIN。DEATHの名前の付くのにろくなものはありません。デスソースとかね。デスレインも以前に食べたときには相当ヒーヒーしてた気がします。
というわけで、そのデスレイン ハバネロと暴君ハバネロを食べ比べようと思います。 ついでに、辛さの指標として「カラムーチョ」、デスレインハバネロより1ランク下の「デスレイン ケイジャン」、個人的に好きな「スナイダーズ ハラペーニョ」を追加し、計5種類です。できれば「激カラムーチョ」も比べたかったのですが、手に入りませんでした。最近見かけないので、製造されてるかどうかも怪しいモノですし…

中央上の黒いのがデスレイン ハバネロ、紫のがデスレイン ケイジャン、下の小さいのがスナイダーズ ハラペーニョ。


暴君ハバネロ

というわけで、まずはコレから。 ベースはポテコ。そこに世界一辛い唐辛子ハバネロを使用して旨辛く仕上げてあるとの事。

モグモグ……

辛いっちゃ辛いけど、思ったほど辛くない。それに、良い風味があって、旨い。旨辛い。看板に偽りなし。元々ポテコが大好きなので、これは結構いける…と思って、横を見ると、口を押さえてるM氏
「かっら〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
H氏は額に汗かき始めてる。早いって。
両人ともそこそこ辛いのは平気だし好きなようだが、その感覚でもかなり「辛い」部類に入る模様。
私の期待度が高すぎたのか。





カラムーチョ

デスレインに行く前に口慣らし。
何年も前から売られているヒット商品ですし、今更言うことはないでしょう。

モグモグ……

M氏名言「ハバネロの辛さ押さえるためにこれ食べられるね」
そこそこ辛いはずなのだが、前にもっと辛いのを食べてるため、味覚がおかしなことに。


【現時点のランキング】
暴君ハバネロ > カラムーチョ


デスレイン ケイジャン

ラスボスに行く前に前座を。ケイジャンよりハバネロの方が辛いのはわかってるので、とりあえずこちらを先に。

モグm……

辛っっっ!
「ナニコレッ、ウワッ、ナニッ」おちつけ、M氏
「ブホッ」吐くなっH氏!
予想外。あまり辛くないだろうと予想していたけれど、相当辛い。さすがデスレインブランド。尋常じゃない。というかこれは……
「ハバネロよりこっちの方が全然辛い」 ……確かに。
暴君ハバネロは風味があって旨辛いが、これはその旨い風味も辛さに変えた感じ。唐辛子のツンとした香りが立ちこめます。まじやばいって。

【現時点のランキング】
デスレイン ケイジャン > 暴君ハバネロ > カラムーチョ


デスレイン ハバネロ

さて、ラスボスです。
見た目はケイジャンとほとんど変わりませ……っと、逃げるな、M氏

モg……

いきなり駆け出し水を補給しに行くM氏。つっぷすH氏。
私は一度経験してるので…辛…そんなには…辛くは辛く辛い辛い辛いカライカライニライカナイカライカライナライラライライライ来来来ラララ…

辛っ


先生、気分が悪いので早退して良いですか?
3枚くらい食べたところで涙が出てきそうになりました。
これ1袋食べたら胃がおかしくなるどころか明日のトイレが地獄になりますですよ、マジで。マジで。

【現時点のランキング】
デスレイン ハバネロ > デスレイン ケイジャン > 暴君ハバネロ > カラムーチョ


スナイダーズ ハラペーニョ

こちらは番外編。ポテチではなくプレッツェル。ハードプレッツェル。しかもハラペーニョなので青臭さ満点です。デスレインほど辛くありません。ホントだってば、そんな疑いの目で見ないで食べてよ、H氏。

モグモグ……

「ほんとだ、青臭い。シシトウみたい?」とM氏
つーか、ホントは滅茶苦茶辛いんですが、デスレイン食べた後なので味覚がおかしい模様。

これはランキング外って事で。



★ 総評 ★

辛さ勝負での「暴君ハバネロ VS デスレイン」は、圧倒的大差でデスレインの勝ちでした。暴君は即位してすぐ失脚です。
ですが、味勝負では暴君の方が上だと思います。デスレインは気合い入れないと食べれません。

しかし、こうなると休場が悔やまれる「激カラムーチョ」ですが、記憶をたどって勝負させてみると、ケイジャン>激カラムーチョ>暴君ハバネロ、だと思われます。暴君ハバネロより辛かった…ような気がします。

いや、しかし胃が変になりそうだ……




[ TOPへ戻れ ]






















次回、「デスレインにデスソース」でお楽しみください






      それは