毒電波喫茶館


コレを飲んだら下痢をする!?
エリスリトール




オープラス回収!

8月にオープラスを飲んで下痢をしたという事件(?)があったのをご存じですか?
それにともないアサヒ飲料は製品を回収し、成分の改善を行いました。
コンビニの店員をしている方から聞いたところ、
 ・製品名
    オープラス、ティオ、カフェオ
    内容量、容器、種類に関係なくすべて。
 ・原因
    製品内に含まれる「エリスリトール」が下痢を引き起こ
   しやすいそうです。
 ・対応
    これからエリスリトールではなく、「マルチトール」に
   変えて発売するそうです。
とのこと。
新しくなったオープラスは成分表記が「糖質4.5g」から「糖質0.7g」に移行しました。

   
   【旧オープラス】         【新オープラス】


「エリスリトール」とは何ぞや?

エリスリトールは、四炭糖の糖アルコールであり、ワイン、清酒、醤油などの発酵食品に多く含まれていることが知られています。
現在、エリスリトールはブドウ糖を原料とし、酵母による発酵法で工業的な生産が行われています。
経口摂取したエリスリトールの大部分は、速やかに小腸で吸収されますが、生体内で酵素作用を受けにくいため代謝されず、そのままの形で90%以上が尿中に排泄されます。
これがカロリーゼロの甘味料と呼ばれるゆえんです。

なんで下痢になるの?

そして、問題の部分。小腸に吸収されなかった残りの部分です。
エリスリトールやマルチトール、ソルビトールに代表される糖アルコールこれらの糖類は、浸透圧の関係で、ある程度の水分を保ったまま腸を通り抜けます。
つまり、
消化吸収できない → 栄養にならない → ノンカロリー
消化吸収できない → 飲んだものがそのまま出る → 便がゆるくなる
という図式があるわけです。

とはいえ、はっきり言ってかなり微量なので胃腸が非常に弱いという人意外は
取り立てて騒ぐことではないと思います。
その証拠に…

他のメーカーは?

(9/7現在)
騒いでいるのはアサヒ飲料だけの模様です。
事実、今でもエリスリトールが含有されている清涼飲料水を見かけます。

私の確認したところでは、CALPIS「ヌード」(2種とも)、伊藤園「カテキンスポーツ」、カネボウ「アクビ」、三国コカコーラの「ラクティア クリアウォーター」に至ってはエリスリトールとマルチトールの両方入ってます。
ま、気にすることはないってことらしいです。

で、味の方はどうなのさ?

先日、旧オープラスを手に入れたので飲みくらべをしてみたのですが、
「旧」のほうがやや甘く、口の中にその甘みが残るような感じがし、
「新」は甘くなくて、やや変な臭みがあるというのが感じ取れました。
どちらが美味しいかと言われたら、私は間違いなく「旧」と答えるでしょうね…

新しい成分の方は大丈夫?

実はこれも諸説紛々。…まぁエリスリトールもそうなんですけど(^^;
というわけで、軽く見てみましょう…

糖アルコールの緩下作用について
以下のような実験結果を見つけることが出来ました。

マウス、1回経口投与(マウス10匹中の下痢した動物数)
 糖アルコール名  投与量(mg/kg)
500 1000 1500 2000
エリスリトール 0/10 4/10
ソルビトール 0/10 4/10 4/10
マンニトール 0/10 2/10 6/10 6/10
マルチトール 0/10 2/10 4/10 4/10

どうやらマルチトールの方が緩下作用強いらしく……

んじゃぁアスパルテームはどうかなぁと見ると…

アスパルテームはダイエットをしたい人たちに向けて、”甘さは砂糖の200倍”等という歌い文句で出回り、炭酸飲料やローシュガーキャンディーなどに使用されています。
アスパルテームは、アスパラギン酸、フェニルアラニン、メチルアルコールの化合物で、アスパラギン酸とフェニルアラニンはたんぱく質を構成しているほかのアミノ酸と離れることにより、神経を脅かす毒物となる。
メチルアルコールが酸化するとホルムアルデヒドができ、これはA級発ガン物質で、飲料量によっては失明もしくは死亡する恐れがある。
魚のコゲでガンになるってのと同じくらいの危険度として見ればいいですね…
あんまり気にすることではないですな。

といった具合です(^^;
もっと詳しく知りたいという人は各自gooなりなんなりで調べてみて下さい。エリスリトールという名前のパソゲーキャラがひっかかりますがダウトです(爆)


じゃるる的結論!

私的結論。
みんな気にしすぎ。(ォ
というわけで、どうでもよくなっちゃいました(ォィォィ
はっきり言って、水道水と危険度どっこいなんじゃないかなぁ、と。
結局化学物質の添加物からは逃げられないのよ。トホホ…

ヒデェ結論…




追加注文