ギャラクシードリンク



真の毒、現る!! 宇宙味飲料(?)ギャラクシードリンク

真の伝説は存在する…
優秀なる調査員のタレコミを得て、調査団と共に現場へと直行する私。
その店はあまりにも怪しげなグッズで埋め尽くされ…
「…何屋?」「本屋だよ、一応」「確かに半分は本だけど」
えっと、説明できないので店の内容は省略(笑)
昔流行った「虫飴」「虫チョコ」と共に例のブツ、ギャラクシードリンクがありました。
レッド・ブルー・イエローの鮮やかな3色。いや、青なんかは濃すぎて黒っぽいし。
思っていたより大きく、1本680円で、3本で約2100円…(T_T)

とりあえず買って、色々な人に回し飲みさせました

●第一段階●
まずコップに先ず黄色を注いで一口……
……ぶえーーーーーーー(ToT)
 生木のような味というか宇津救命丸の味。
次に、赤…
 …ってほとんど味は同じ、でもこっちのほうが濃いっ
ラストに青…
 …同じだ……黄と赤の中間くらいの濃さかな。
赤だけ原材料にガラナが入っていたのでその影響かも知れません。
てゆーか赤1号、青2号、黄色4号以外の原材料同じだし。
ってことは、これって着色料の味なのでは!?

黄色を混ぜて

こぼれたのをティッシュで拭き取ろうと…
●第二段階●
混ぜてみました。
赤と青で紫〜、赤と黄で橙〜、青と黄で緑〜
…ってまともにその色になってやんの(上写真参照)
そして3色混ぜて〜黒っ
そもそもギャラクシードリンクという名前の由来は黒い液体に炭酸の泡が「宇宙の星のよう」というトンデモネー理由かららしいのですが、ソレだったらコーラでいいじゃんとか思いつつ。
それに、黒というよりやや深緑がかっています。
水彩画を描いている時のバケツの汚水の色っていう表現が適切かも(^^;
味は……変わんねー(T_T)
素の状態で人が口にしていいモノではないので、混ぜたところであんまり変わらないのですね…
というわけで、当方では飲み物ではないということを認識しました。
染料ですってコレ。


PS・ラベルのイラストがなんとSFイラスト巨匠小松崎しげる氏!
…とのコトですが、私ゃ知らないです(^^;
PS2・ラベルに記載された文字をタイプして変換すると謎のメッセージが出現する。
…解析できそうだったけど面倒くさいので諦め…(^^;;;


川越毒調査団、深谷毒調査団の皆様、ご協力ありがとうございました(^^)



PS3・ギャラクシードリンクは現在生産されておらず、入手はかなり困難です。



追加注文